WebClipMemo

ネット検索で気になるページのURL、テキスト、ピクチャーをDrag&Dropで取込み、表題をつけ保存

  • ソフト名 :WebClipMemo
  • バージョン :1.2.5.0
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :fresta

WebClipMemo ダウンロード

WebClipMemo詳細

【質問】
ネット検索中に該当するページの「URL」やメモをどう記録していますか?
メモを持ってきて書き込んだり、「メモ帳」を立ち上げ記録したりしていませんか。
又は「お気に入り」に保存するか、そのページを閉じずに新たにブラウザを開く。
【答】
この様な方でWin10をお使いなら「WebClipMemo」を試してみてください。
このソフトをタスクバーに入れておき、検索中にメモリたい文章やピクチャーに出会ったらコピー後ソフトを立ち上げます。
メニューボタンで[編集」にして「URL」をテキストの先頭に挿入します。
あとはDrag&Drop(できないときはCopy&Paste)でテキストやピクチャーを追加します。
ファイル名をつけ(検索したときのキーワードでもよい)、「保存」します。
文章はテキスト、絵や写真はピクチャー形式(5種類の中から選択)で並んでフォルダーに保存されます。
一つのテキストファイルに複数のピクチャーファイルが付属します。
いつでも「作成済みのファイルを開く」ボタンで呼び出し修正や追記ができますので、軽い気持ちで保存してください。
【特長】
(1)ブラウザやワードなどより最前部に表示される(隠れない)。
(2)表示面積を小さくでき、最小化でタスクバーにも置ける。
(3)テキストとピクチャー(元の大きさ)を別ファイルで一つずつ保存。
(4)後でファイルを修正しやすいので、気にせず保存する。
(5)ディレクトリを工夫してフォルダーを配置すれば簡単なデータベースやアルバムが築ける。
(6)クリップボードの内容を監視したり、書き込みができる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です