mod_dgetkey.as

HSP3Dish用 Windows上でキーボードの押された状態を取得

  • ソフト名 :mod_dgetkey.as
  • バージョン :0.2
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :しまくろねこ

mod_dgetkey.as ダウンロード

mod_dgetkey.as詳細

■命令 =============================================

■dgetkey_init

・概要
当モジュールの初期化処理を行ないます。
必ず一番最初に呼び出してください。

・引数
なし

・戻り値
なし

・使用例
dgetkey_init

■dgetkey p1, p2, p3, p4

・概要
p2で指定した文字コードのキーが押されているか取得します。
指定したキーが押されると、[1]が取得できます。押されてないと[0]が返ります。
検出モードが[2]の場合、押されている間は[1]が取得され、離されると[2]が取得できます。
HSP標準のgetkeyとほぼ同じです。

・引数
p1 : 押された状態を取得する数値変数
p2 : 取得したいキーコード
p3 : 検出モード
0 = 押された瞬間を一度だけ検出
1 = 連続で検出
2 = 離された瞬間を検出(押されている間は[1]が取得されます)
p4 : 検出モードが[1]または[2]のときに、指定の時間毎に押された情報を取得する。単位はミリ秒。

・戻り値
なし

・使用例
dgetkey a, ‘A’

if a == 1 {
dialog "Aが押されました。"
}

■関数 =============================================

■dgetkey_dbpush(p1, p2)

・概要
指定したキーコードのダブルプッシュを取得します。
p2でダブルプッシュと認識する時間をミリ秒で指定できます。

・引数
p1 : 取得したいキーコード
p2 : ダブルプッシュと認識するミリ秒(省略すると700ミリ秒が指定されます)

・戻り値
0 = ダブルプッシュされていない
1 = ダブルプッシュされた

・使用例
a = dgetkey_dbpush(‘A’, 1000)

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。