Cutting Planner (旧名RectPacker)

板取り最適化・材料取り・木取りソフト 板金・家具製作などで板材を切り出す時の歩留まりを改善する

  • ソフト名 :Cutting Planner (旧名RectPacker)
  • バージョン :8.10
  • ライセンス :シェアウェア:複数価格あり
  • OS :Windows
  • 開発 :TubakuroSoft

今すぐダウンロード

Cutting Planner (旧名RectPacker)詳細

合板やアルミプレートなどから板材を切り出す時、パズルみたいに悩んでいませんか?
Cutting Plannerを使えば、熟練の職人に頼る必要はありません。割付を考える時間をなくし、すぐに作業が始められます。
資材・廃棄物・エネルギー・管理コスト、そして時間を節約します。

Cutting Plannerは、シャーリング・パネルソーなどを用いた家具製造、板金加工、および他の製造業で材料を切断する際の切断レイアウトを最適化します。
ガラス、合板、金属、プラスチック、コイル材、他の長方形のシート材料、
バー、パイプ、チューブ、その他の長い材料など
それらを効率的にカットするレイアウトを計算します。

■超高速・高歩留まり
実際の工場作業よって得た経験とコンピュータの長所を融合させた独自のソフトウェアを開発しました。
部材数 2,500 を4秒で計算し、平均歩留まり 95.77%の超高速・高歩留まり。
ランダムに生成したデータの例です。ダウンロードして実データで体感してください。
※理論値でも100%にはなりません。
詳しい計測条件は http://www.tubakurosoft.jp/jp で公開しています

■Cutting Plannerの主な機能
パネルソー、シャーリングなど板材を一直線に切断する加工での木取り図を出力します。
板材の枚数・種類数に制限がありません。(メモリに依存)
原版と部材のデータを入力すると部材を自動配置し、表示、印刷ができます。
1次元資材割り付けにも対応しています
0.1mm単位として(長さの単位は自由に想定してください)原板は1km*6.5m、部材は6.5m*6.5m までの大きさの板を扱うことができます。コイル材に対応できます。
部材の回転の可否を個別に設定出来ます。
アサリ寸法や切断機の最大切断長などカットマシンの能力に合わせた配置をします。
マルチコアプロセッサ対応でPCの能力を最大に活かします。
XML, CSV形式の入出力・コマンドラインオプションで他のソフトウェアと連携させることができます。在庫データと連携するシステムを作成している事例があります。
ネット環境がないPCでも動作します。(ウインドウズストア板・オンラインヘルプを除く)
より詳しくは
http://www.tubakurosoft.jp/jp

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です