BeS

複数のプログラムをまとめて連続起動

  • ソフト名 :BeS
  • バージョン :6.98
  • ライセンス :シェアウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :SAT Project

BeS ダウンロード

BeS詳細

複数のプログラムをまとめて連続起動するソフトです。
スタートアップの機能拡張、複数のプログラムを起動して行う作業にお使いください。

特徴
●設定は独自形式でファイルに保存しこれをダブルクリックで実行できます。
●設定を保存されたファイルの結合ができます。
●連続起動実行中に一時停止ができます。
●プログラムの起動時にオプションが入力できます。
●起動するプログラムに下記の設定ができます。
・起動の順番
・コマンドラインオプション
・ウィンドウサイズ
・起動確認(タイムアウト設定もできます)
・終了を待って次のプログラムを起動
・優先度を指定

■同梱のBeSpangle[BeS専用ランチャー]を使用されますと複数のプログラムを選択して同時に起動できます。
タスクトレイ常駐のメニューランチャーも同梱しています。

こんなときに便利です。
使用例
◆スタートアップ起動時
●最初に起動したいプログラムの起動時間が長く次のプログラムが先に起動してしまう場合。
●プログラムの起動の順番により共有違反等でエラーが出る場合。
●Windows起動時に実行する時しない時があるプログラムがある場合。
●BeSel(BeS Tools)と併用されますと複数のBeS実行ファイルから選択して実行できます。
●起動時にUACダイアログが表示されるプログラムがスタートアップに複数ある場合などはそれらのプログラムをBeSに登録しRunKan(BeS Tools) から起動するとUACダイアログの表示は一度で済みます。

◆毎回決まった複数のプログラムを起動して作業
●DTP作業でワープロソフトとグラフィックソフトを起動。
●インターネット接続時にブラウザーとメーラーを起動。
●ゲームパッドの設定を行い終了後、ゲーム起動。
●タスクスケジューラに登録して空き時間にスキャンディスクを実行、終了を待ってからデフラグを実行、終了を待ってからバックアップ作業。

◆セキュリティ
同梱のBeSysLockとBeSleepを実行するとコンピュータをロックしモニタの電源を切るまたはスクリーンセーバーを起動できます。

◆Windowsの終了時
EndEx(BeS Tools)と併用されますとさまざまな作業を処理してWindowsの終了を行えます。

ホームページではインストーラー無しの配布ファイルをご用意しております。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です