緊急地震速報アラーム+ 応急版

The Last 10-Secondの緊急地震速報受信に同期して音声合成等により通知を行う

  • ソフト名 :緊急地震速報アラーム+ 応急版
  • バージョン :0.8.0.176
  • ライセンス :フリーソフト(寄付歓迎)
  • OS :Windows
  • 開発 :apit

緊急地震速報アラーム+ 応急版 ダウンロード

緊急地震速報アラーム+ 応急版詳細

○機能

緊急地震速報アラームからの進化点:
・同時多発地震に対応し、音声は推定震度・猶予時間の順に優先すべき速報から通知

・通知音、カウントダウン中の背景音、カウントダウン中の背景音(10秒以下、到達後n秒まで)を震度別に設定可能
・音声合成で猶予時間、推定震度、詳細情報を2つのアナウンスに分けて通知(アナウンスは発声速度等調整可能)
・指定間隔(1,2,5,10秒)でカウントダウンするように設定可能(猶予時間60秒以上、以下の2段階で、10秒以下は1秒毎)
・震度別に音声合成の有無を設定可能
・DirectSoundによる出力を設定可能、またその際の出力先デバイスを設定可能
・DirectSound出力利用時、震度別に音声合成の音量を設定可能
・サウンドのプリロードを設定可能
・音声通知と同時にビープ音を鳴らすように設定可能(推定震度の数値部分の回数だけ鳴動)
・指定時間帯において、推定震度が指定以下の場合は消音にするおやすみ設定を可能
・速報受信時に任意のコマンドを実行するよう設定可能(文字列置換可能)
・The Last 10-Second、YureStation Graphのウィンドウを指定時間経過後クローズするよう設定可能
・The Last 10-Secondの接続状態を独自にタスクトレイアイコンで表示するよう設定可能
・The Last 10-Secondの接続状態を監視し、接続断状態で指定時間が経過した場合、The Last 10-Secondを再起動・再ログインさせるよう設定可能
・The Last 10-Secondが未起動の場合、The Last 10-Secondを起動・ログインさせるよう設定可能
・速報受信に合わせたディスプレイの電源の自動オン・オフを設定可能
・UDPマルチキャスト、TCPユニキャストを利用したLAN内同時配信機能が利用可能
・メール送信するよう設定可能(複数宛送信、件名・本文中の文字列置換、POP before SMTP、SMTP認証、POP3s, SMTPs(証明書を確認しない設定も可能)、Fromの震度別設定、震度別送信設定が可能、またAPOP、CRAM-MD5に対応(サーバー対応時に自動選択))
・起動時の更新確認を設定可能
・アップデートプログラムにより、自動で最新バージョンにアップデート可能
・クラッシュレポータにより、自動でエラー報告可能

○必要環境

・The Last 10-Second(ウェザーニューズ社の緊急地震速報受信ソフトウェア)
・.NET Framework 4.5
・DirectX
・Visual C++ 2010 ランタイムパッケージ(x86)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です