バッチファイルユーティリティ

バッチファイルを効率的に記述するためのコマンド

  • ソフト名 :バッチファイルユーティリティ
  • バージョン :0.1.13.0131
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :山本 泰三

今すぐダウンロード

バッチファイルユーティリティ詳細

バッチファイルユーティリティには以下の特長があります。

・バッチファイルのラベルを一つのタスクとして見なして、タスク間の関係性を明示的に記述することができます。

・タスクは"[email protected]"という拡張子のファイルに記述します。このファイルをタスクファイルと呼びます。タスクファイルの標準ファイル名は"[email protected]"です。

・タスクファイルを実行するには以下の方法があります。
1)エクスプローラから、タスクファイルを実行する。
2)コマンドプロンプトから、タスクファイルを実行する。
3)コマンドプロンプトから、タスクファイルをバッチファイルに変換してから、バッチファイルを実行する。

・タスク間の関係性以外はバッチファイルの記述方法と同じです。タスクの実行・判定のためのコマンドが用意されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です