Xls/xlsx File Unifier

大量のExcelファイルの表示形式や倍率などを一括で統一化!

  • ソフト名 :Xls/xlsx File Unifier
  • バージョン :1.3.0
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :クロスラボラトリー

今すぐダウンロード

Xls/xlsx File Unifier詳細

拡張子が xls または xlsx であるMicrosoft(R) Excel(R)ブック形式のファイルの体裁を統一させるためのアプリケーションです。ブックファイルの全シートの表示形式と表示倍率を揃え、かつ、全シートのA1セルを選択した状態にし、更にはブック中の先頭シートを選択した状態にします。

Microsoft(R) Excel(R) ブック形式のファイルを納品物や情報資産として利用する場合、ファイルを開いた時に不適切な位置が表示されてしまうと格好悪いので、ドキュメントの最後の仕上げとして体裁を整えたい場合に重宝します。特にそういった利用の仕方をする場合、ブックファイルが1つや2つではないので、それらを1つずつ開いて確認しながら直していくのは大変です。それをこのアプリケーションでは一括して修整することができます。

また、取引先に渡す際にはパスワードをかけて暗号化することが取り決め上必須となっているケースがあります。そうは言っても、内部で管理している物に対してパスワードをかけてしまうと、ちょっとした参照や修正の度にパスワードを入力する必要があるために作業の効率が落ちます。できれば内部ではパスワードをかけない状態で管理しておいて、外部に提出する時にだけパスワードをかけたいところ。ただし、毎回全てのファイルにパスワードをかける作業はしたくない。そんな時、このアプリケーションが役立ちます。

主にドキュメントの納品や管理の責任者の方に使っていただくことを想定しています。これまではこうした修整は別の担当者に手分けして作業をさせていたことが多いと思いますが、これからはその必要が無くなります。私自身もそうした修整作業を、納品間際のドタバタした中で行ってうんざりした経験からこのアプリケーションを開発しました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です