WebCamCapture

USB対応WEBカメラで簡単な監視システムを作れる 撮影した静止画をメールで自動送信

  • ソフト名 :WebCamCapture
  • バージョン :1.00.00
  • ライセンス :シェアウェア:1,188円
  • OS :Windows
  • 開発 :加藤 康成

今すぐダウンロード

WebCamCapture詳細

市販の安価なUSB対応WEBカメラを使用し、簡単に監視システムを作成できます。
USBだからビデオカード不要の簡単インストールです。
USB接続のWEBカメラの画像を、定期的に静止画としてキャプチャし、ハードディスクに保存します。
ハードディスクに保存するファイル名は、キャプチャしたときの年月日時分秒がファイル名になります。
ファイル名が年月日時分秒なので、後で画像を確認するときに簡単に検索できます。
現場状況を定周期に撮影し、静止画を自動的にメールで送信します。
撮影間隔は、1秒、5秒、10秒、15秒、30秒、1分、5分、10分、15分、30分、60分に設定できます。
撮影した静止画は、JPEG,BMP,TIFF GIFで保存できます。
メールサーバは、SMTPサーバに対応しています。
キャプチャした静止画像は、メールの添付ファイルとして送信されます。
携帯電話に送信すれば、どこからでも現場状況を確認できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です