Smooth Video Project

再生中の動画にフレームを補間し、擬似的に60fpsの動画として視聴できる

  • ソフト名 :Smooth Video Project
  • バージョン :
  • ライセンス :フリーソフト(寄付歓迎)
  • OS :Windows
  • 開発 :SVP Team

今すぐダウンロード

Smooth Video Project詳細

再生中の動画に対してリアルタイムでフレーム間に画像を補間し、擬似的に1秒間60フレーム(60fps)の動画として視聴できるようにするソフト。

アニメーションのフレームレートは24fps(23.976fps)、一般的な動画のフレームレートは30fpsですが、「Smooth Video Project」を利用して、既存フレーム間の中間フレームを生成してフレームレートを擬似的に60fpsに増加すれば、滑らかな映像を楽しむことができます。高価なディスプレイ(120Hzモニタなど)でしかできない倍速補間を、ソフトウェアで擬似的に行います。

「Smooth Video Project」はいくつかのコンポーネントから構成され、動画再生時は「Media Player Clasic Home Cinema」を利用します。スタートメニューでは「スタート」「すべてのプログラム」から「Smooth Video Project」を開き、「Media Player Clasic Home Cinema」をクリックして起動して動画を再生します。「Media Player Clasic Home Cinema」の左下にフレームのリアルタイム補間状況が表示され、動画が再生されます。

「Media Player Clasic Home Cinema」を利用する際、「Smooth Video Project Manager」が起動していなければ、フレームの補間処理は行われません。「Smooth Video Project」を開き、「Smooth Video Project Manager」をクリックして、タスクトレイに常駐させておきます。毎回起動させることが面倒ならば、「Smooth Video Project Manager」の常駐アイコンを右クリックして「Settings」を選択し、「Load automatically with windows」にチェックを入れ、Windows起動時に自動起動させることもできます。

「Smooth Video Project」のコンポーネントとして、「YouTube」の動画でフレーム補間を行う「SVPtube」、倍速補間を行う「Avisynth」、音声タイミングを調整する「ReClock」、デコーダ「ffdshow」なども、それぞれのグループを作成してセットアップされます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です