RAIDっぽい

マルチドライブ高効率バックアップツール

  • ソフト名 :RAIDっぽい
  • バージョン :3.1
  • ライセンス :シェアウェア:6,372円
  • OS :Windows
  • 開発 :sogoh

今すぐダウンロード

RAIDっぽい詳細

 「RAIDっぽい」は、異なる二つのハードディスクのデータを保護するためのパリティデータを、 1台のハードディスクで効率的にバックアップするツールです。ハードディスクが故障してデータが消失した際には、新しいハードディスクの空き領域に、データを復元することができます。最適構成時 には、バックアップデータは、バックアップ対象のデータの半分のサイズになります。
 「RAIDっぽい」は、圧縮アルゴリズムを使用しませんので、MPEGやJPEGなどの圧縮されたデータも効率的にバックアップすることができます。
 「RAIDっぽい」は、保護用データとして、RAIDにも使用されているパリティデータを使用しています。保護対象の二つのディスクのデータは、お互いに、相手のデータを復元するためのデータとして使用されます。そのため、 保護用パリティデータからデータを復旧するためには、もう一方のディスクのデータを必要とします。
 初回のバックアップデータ作成後は、前回のバックアップデータ作成時からの変更点についてのみバックアップデータの作成を行なってバックアップデータを更新しますので、比較的短い処理時間でバックアップデータを作成することができます。
 「RAIDっぽい」は、デジタルカメラのデータや動画ファイル、音声ファイルなどの記録データのバックアップを対象としています。データのタイムスタンプやファイル属性、タイムスタンプもバックアップされます。フォルダーについては、現時点では作成された日時を示すタイムスタンプのみがバックアップされ、読み取り専用属性や、隠しファイル属性、システムファイル属性はバックアップされません。
 「RAIDっぽい」は、ネットワーク共有されたフォルダをバックアップ対象として指定したり、バックアップデータの作成先として指定することもできます。

 図解入りのより詳しい説明や仕様については、作者ホームページをご覧ください(http://www5.plala.or.jp/sogoh/)。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です