ImmersiveTaille

Windows 8のスタート画面をデスクトップ内に表示できるようにカスタマイズする

  • ソフト名 :ImmersiveTaille
  • バージョン :
  • ライセンス :GPL
  • OS :Windows
  • 開発 :marshall31

今すぐダウンロード

ImmersiveTaille詳細

「ImmersiveTaille」は、Windows 8のスタート画面をデスクトップ内に表示できるように設定し、スタート画面を便利に改善するカスタマイズソフトです。

スタート画面の表示場所(タイルの表示位置)を、デスクトップの上、下、左、右、デスクトップのタスクバー以外の部分という、5ヵ所から選択して指定できます。また、スタート画面の横幅や高さ、横方向の表示開始位置、縦方向の表示開始位置を指定することも可能です。

インストール不要なソフトで、ユーザが設定した内容は、「MonImmersiveTailleV2.xml」というファイルが作成され、「C:\Users\ユーザー名」フォルダに保存されます。

【使い方】

(1)「ImmersiveTaille」を実行し、左下の国旗アイコンをクリックして、「イギリス(英語版)」か「日本(日本語版)」を選択します(日本語版は日本語訳に課題があるので、現状ではイギリス版(英語版)をお勧めします)。
(2)「Basic」タブの「Location of Startscreen」 欄で、スタート画面の表示位置を指定します。 ちなみに、Topはデスクトップの上、Bottomは下、Leftは左、Rightは右、「Fullscreen+Taskbar」は、タスクバー以外の部分となります。
(3)「Advanced」タブでは、スタート画面の横幅や高さ、横方向・縦方向の表示開始位置を指定できます。「Position X」は横方向の表示開始位置、「Position Y」は縦方向の表示開始位置、Widthは横幅、Heightは高さを示し、「+」「-」ボタンを使って指定します。「Save」ボタンを押して設定を保存しておくと、「Load」ボタンをクリックして呼び出せます。
(4)「Settings」タブでは、5種類の設定のON/OFFを指定できます。
a)「Start with Windows」→Windows 起動時に自動で起動する
b)「Windows notification area」→タスクトレイに最小化する
c)「Automatic shutdown」→最小化後、「ImmersiveTaille」を自動終了させる
d)「Normal after having to leave Start」→「ImmersiveTaille」終了後に、スタート画面を元に戻す
e)「See startscreen Software Startup」→「ImmersiveTaille」起動時に、スタート画面を表示させる

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です