HippLiner

恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

  • ソフト名 :HippLiner
  • バージョン :2.7.4
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :NOMOTO Tomonori

今すぐダウンロード

HippLiner詳細

恒星・星団・銀河空間を自由に動き回ることができる、恒星間航行3Dシミュレータです。
太陽系近傍恒星空間を超光速で飛行できるだけでなく、相対論効果を含んだ恒星間航行も可能です。

・太陽近傍の好きな星(ヒッパルコス星表の117954個)からの星空を眺めることができるます。
・任意の星に好きな速さで行くことができ、星間旅行気分が味わえます。
・宇宙船速度が光速に近づいたとき起きる光行差やドップラー効果といった相対論効果も再現可能です。
・太陽系近傍の立体地図を表示させることができます。
・固有運動情報が入っているので任意の時間の星空も再現できます。
・88星座や中国の星座の星座線を表示して、太陽以外から眺めることができます。
・好きな星を結んで星座線を引き、好きな名前をつけて表示することも可能です。
・好きな星からの星空や星座線に名前をつけて画像として保存・印刷することができます。
・天の川近傍2365個の銀河、さらに601個の散開星団の分布を眺めることもできます。
・恒星間航行の様子を動画・画像として保存することができます。

ほとんどの星空シミュレーション・プラネタリウムソフトウェアでは恒星の固有運動は考慮されていませんが、HippLinerでは星の固有運動、視線速度のデータから恒星の3次元運動もシミュレーションできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です