gkcat

typeコマンドで不足する「行番号表示」「先頭からn行表示」を実現する

  • ソフト名 :gkcat
  • バージョン :1.00
  • ライセンス :メールウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :祇園工房

今すぐダウンロード

gkcat詳細

ログファイルやmbxファイルのような大きなテキストファイルを表示するとき、typeコマンドやmoreでは必要に応じて中断(Ctrl+C)を行う必要があります。
バッチファイル等から中断処理を行うことは難しく、また不要なディスクIO等で処理時間が延びてしまう問題がありました。

そこでgkcatではテキストファイルの先頭から指定行数表示を可能にするとともに、行番号表示の機能を提供します。

これにより、(主に管理者は)該当するテキストファイルの人力検索が少しばかりカンタンになると想定しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です