cvr – コマンドラインからC言語C1相当カバレッジ用ソースコードを生成

コマンドラインからC言語C1相当カバレッジ用ソースコードを生成

  • ソフト名 :cvr
  • バージョン :1.1
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :yellow

今すぐダウンロード

cvr詳細

「cvr」はコマンドラインからC言語C1相当カバレッジ用ソースコードを生成する。

[コマンド]

cvr.exe [出力先フォルダ] [変換対象ファイル(複数定義可)]

– 出力先フォルダ
出力先フォルダパス
– 変換対象ファイル
変換対象となるC言語ソースファイル
変換結果のファイルは出力先フォルダに同名で作成される
複数定義可

[利用方法]
1. カバレッジテスト対象のソースコードを用意する。
2. カバレッジの対象となるソースを「変換対象ファイル」に指定してcvr.exeコマンドを実行する。
「出力先フォルダ」は変換対象ファイルと別のフォルダを指定すること。
3. 「出力先フォルダ」に作成される「変換対象ファイル」と同名のファイルに「coverage.c」を加えて既存の環境と同様の条件でビルドを行う。
4. カバレッジプログラムを実行すると以下のカバレッジ結果が出力される。
– 網羅率が100%で無い場合、標準エラー出力に通過していない条件のパスとファイルごとの網羅率を出力する。
– 終了時点のカレントフォルダに全ての条件のパスに対する通過数とファイルごとの網羅率をファイル「coverage_result.csv」に出力する。

[その他]
– 変換対象ファイルで「_nc」の文字がある場合、その行をカバレッジ判定対象から除外する。
子の機能を利用する場合、↓の様な定義をファイルの先頭に追加することでビルド時に問題が無いようにしておく必要がある。

#define _nc

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です