Bug head – 独自技術の高音質サウンドプレイヤー(USB-DACへ最適化、ASIO専用)

メモリプレイ式の原音再生による高音質サウンドプレイヤー(USB-DACへ最適化、ASIO / WASAPI EXCLUSIVE)

  • ソフト名 :Bug head
  • バージョン :11.22
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :おりゃぁぁぁぁ

今すぐダウンロード

Bug head詳細

【概要】

2008年から10年以上にわたって高音質サウンドプレイヤーの研究開発を続けています。CPUとメモリの使い方にこだわって、音楽データを編集しないビットパーフェクト出力により、重低音は音楽データ通りに正確なサウンドを実現しています。ヘッドホンメーカーの宣伝通りをイメージできる高音質の音を達成しています。

【デジタルアイソレーター搭載】

CPU内部のレジスタをデジタルアイソレーターとして機能するように最適化して、記録媒体の状態にできるだけ依存しないようにして、超低ジッター出力を実現しています。事前処理と出力時処理の多重化により超重低音から超高音までフラットに出力できるよう処理を最適化しています。

【高性能CPUで低クロックの転送処理】

オーディオPCは低クロック仕様と想定、1命令あたり16回のFNOP命令という組み合わせにより、1GHzクロックの動作は実質60MHz相当の超低クロック動作としてバッファ転送処理を行います。クロックあたりの命令実行数を減らして処理を高品質化しています。

【特性消去低域補間演算処理 Super Black Extreme】

特殊なリサンプル演算により本来は鳴らせないはずの重低音を生成して、ハイレゾ音源に匹敵する超高音質サウンドを音楽データの修正により鳴らします。ビットパーフェクト出力の最高音質 High モードを超えた世界に飛び込みたい時に、長時間演算と引き換えに体験できます。

【フリーソフト】

2013年から4年にわたり、寄付金を募ったら、100万円を超えてしまいました。寄付金を HD 800 S 等のオーディオ試聴機材、ライブラリの使用代金、作者環境の修繕費用として使いました。期待を裏切らないように原音忠実再生を目指して改善してきました。2018年5月にはミュンヘン【HIGH-END】高級オーディオ展覧会にて、PCトランスポートとして採用された実績があります。

【サポート形式】

16 24 32 bit
44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 / 352.8 / 384 kHz (only one)
WAV / FLAC / MP3 / CDA (CD Audio)
DSF / DFF (DSD Native) checked DSD 64-256

【動作条件】

Intel SSE4.1 または Intel AVX2.0 命令サポートのCPUに限定
Windows 10 Home 64bit メモリ8GB (推奨16GB)
High Grade CPU Any Cures 常駐が必須
USB拡張カード指定 AREA Straight2 KOUKI SD-PE4U31A-A3L(ASM3142)

【設定必須】

USB-DAC によるアップサンプリングを有効にする(384kHz/768kHz)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です