色差計算用 Excel Add-In

色彩関係者必須ツール Excel上でCIE2000(ΔE00)の色差計算が簡単に行えるようになる

今すぐダウンロード

色差計算用 Excel Add-In詳細

目視評価により近似した色差計算式としてCIE2000(ΔE00)の使用が推奨されていますが、実際にはあまり普及が進んでいるとは言えません。その原因の一つとして、CIE2000の算出式が従来のCIE1976(ΔE*ab)などと比べて非常に複雑なため、Excelでの計算が極めて難しいことが挙げられます。CIE1976の場合は単純なユークリッド距離の計算式で求められることから、容易にExcelでシートを作ることができますが、CIE2000では明度差ΔL*、彩度差ΔC*、色相差ΔH*に加えて、重価係数(SL、SC、SH)やパラメトリック係数(KL、KC、KH)などの補正値も加味するため、シートの作成そのものが容易ではありません。また作れたとしても様々なシート内で計算を行うには多くの制約が発生していました。
色差計算用Excel Add-Inは、シート内でDELTAE関数という色差計算専用関数を使えるようにするMicrosoft Excel専用のアドインです。DELTAE関数ではCIE1976、CIE1994、CIE2000の各色差計算を行うことができるため、個別の色差算出だけでなく各色差間の相違も簡単に求められるようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です