相対性競馬論 for JRA-VAN Data Lab.

かならず・まさる氏のサイン系予想理論を活用するための競馬ソフト

  • ソフト名 :相対性競馬論 for JRA-VAN Data Lab.
  • バージョン :1.05
  • ライセンス :シェアウェア:12,600円
  • OS :Windows
  • 開発 :小池 利明

今すぐダウンロード

相対性競馬論 for JRA-VAN Data Lab.詳細

本ソフトは、かならず・まさる氏の予想理論を活用するための競馬ソフトウェアで、当サイト初の本格サイン系のソフトです。サイン系と言えば科学的に割り切れないということで好き嫌い、肯定派、否定派、意見が分かれる予想分野かと思います。しかし、競馬の世界ではこの不思議な要素が昔から分析されてきて、その話題が消滅してしまったことがないことも事実です。

私の知りうる限りはかなりの理論派の競馬愛好者の方もサインについては否定はしないばかりかなんらかの合理性を説く人も少なくありません。
まったく根拠のないものであればこれほど長い競馬の歴史の中で消滅しないことが不思議なくらいですし、有識者と言われる人達の中にもサインを本気で研究している人は少なからず存在します。それは競馬業界の裏事情を知ればそれなりの説得性があることも事実なのです。

当サイトでは今までこのカテゴリの競馬ソフトは作成しておりませんでしたが、同氏の「全ての馬券の8割はこの理論で説明が可能だ」という言葉に自信がこもっており、実際にそれで長く競馬をやってきていること、それなりの実績を得ているということに動かされたというのが開発開始への強い決定打でした。

サイン系と言いましてもまったく競走馬の能力を無視するわけではなく、馬の実績から調べた能力と同氏が長年培ってきたサイン理論を複合的に分析して馬を抽出していきます。

また、毎レースのように現れるサインはどのように反映され、どのように運用していくべきか、同氏執筆の解説のコーナーにて説明されております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です