半透明画像Viewer改 インストーラ版(びゅう改)

画像短切クリックで半透明透過加工表示(透け紙,透かし,切抜,時計,軌跡,縦マンガ,GIFアニメ鑑賞に使用可)

  • ソフト名 :半透明画像Viewer改 インストーラ版(びゅう改)
  • バージョン :2.8.4.12
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :元阿戦武羅使い

半透明画像Viewer改 インストーラ版(びゅう改) ダウンロード

半透明画像Viewer改 インストーラ版(びゅう改)詳細

「『ステンドグラス』を作っておいてなぜ表示するソフトはできないの」と言われ続けてきたので、画像を半透明に表示する「半透明Viewer」と設定を様々に加工する補助プログラムを作ってみました。

インストールしたら自動起動の設定を行うと、画像ファイルをクリックしただけで半透明Viewerが起動して画像を表示できます。

巨大画像にはスクロールバー同等の働きをする、スライド用縮小画像エリア機能もあります。

軌跡アニメーション機能を使うと、好きな画像をサッカーボールや野球ボール状に切り抜いてデスクトップ全体を動き回らせることができます。

同梱のViewerのコマンド.exeを使って特殊効果のコマンドライン設定を簡単に編集して、ショートカット短切に埋め込んで出力できるので、
短切をクリックするだけで設定通りの効果ですぐ表示できます。

おまけショートカット短切も増やしたので、面倒な設定をしないでもインストール直後から楽しめます。

ノートパソコンに外部モニタ2つ繋いだ3ディスプレイ環境でデュアルディスプレイ風マルチディスプレイ表示の動作確認もしています。

指定時間で音楽とともに画像/軌跡を数秒表示したい場合は、別に公開している「起動時刻管理マネージャ(起時管)」を併用して使うと可能になります。

同梱補助ソフト: 
Viewerメニュー.exe 
Viewerのコマンド.exe 
画像集め.exe 
漢字入りマーク作成.exe 
詳細情報表示.exe
透け紙チェンジャー.exe 
Viewer用トレイ表示.exe 
軌跡作成.exe 
ゴミ箱もどき.exe 
びゅう改スクリーンセーバー.scr

MSIファイルを何度クリックしてもインストールがはじまらない時は、
MSIファイルを右クリックして一覧から「プロパティ」を選択して、
プロパティ右下の「□許可する」にチェックを入れて、
適用をクリックすれば、インストール可能になるはずです。

※ 使用プログラムの性質上、セキュリティソフトから嫌疑をかけられて
プログラムの一部が強制削除されることがかなりの高確率で起こります。
その時はセキュリティソフト毎の復元方法で復元してから起動して下さい。
復元方法はセキュリティソフト毎に違うのでそれぞれのサイトで詳しく調べて実行して下さい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です