エクセルで(伝票形式から、リスト形式へ)

伝票形式のシートから、データベースとして利用可能な、1行1レコードのシートへ出力

  • ソフト名 :エクセルで(伝票形式から、リスト形式へ)
  • バージョン :1.2
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :(株)アイマックス

今すぐダウンロード

エクセルで(伝票形式から、リスト形式へ)詳細

【概要】
プログラミング(マクロや関数定義)をすること無く、入力シートの伝票形式の構造と、
出力シートへの編集を、行・列のパラメタで指定すると、データベースとして利用可能な
リスト形式のシートに出力します。
(明細行数分のレコードが、出力)
(入・出力シート、読み飛ばし条件指定が、可能)
(伝票形式とは、それらしき様相を持つの意味で、伝票である必要はない)
(宛名印刷で使う、タックシール(=伝票)風の形状も可能)
(入力シート、ブック、フォルダの一括指定機能あり)
(出力シートへの、追加出力可能)
(パラメタの保存、呼び出し、が可能)

【特長】
・操作性が良い(行、列を数値で指定する)
・入力と、出力シートは、利用者が作成
・マクロ、関数の知識は不要
・編集項目を目視で確認可能

【操作手順】
0.入力用と、出力用シートを用意
1.「リスト形式に変換」エクセルを開く
2.入出力シートと項目編集情報を「編集指定」シートに入力
3.必要なら、複数の入力シート名等を「一括指定」シートに入力
4.パラメタチェックし、保存する。
5.出力処理を実行。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です