エクセルでブレーク処理

エクセルのデータを順に読込み、キーが変ったときに、別シートに出力する

  • ソフト名 :エクセルでブレーク処理
  • バージョン :1.0
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :(株)アイマックス

今すぐダウンロード

エクセルでブレーク処理詳細

【概要】
「エクセルでサマリー」と同機能。
異なる点(入力側シートはソートされない)。

【特長】
プログラミング(マクロや関数定義)をすること無く、
入力シートの構造と、集計キーの指定、及び、
出力シートへの編集を、行、列のパラメタで指定するだけ。
入力シートを、人為的にソートすることも可能。(サマリーと同結果)
入力レコードが複数行から構成されていても可能。
出力レコードの再編集可能。
(構成行数の変更、列位置の変更、リテラルの挿入、等)
簡単な、抽出条件、指定可能。
集計後に、集計値=0を出力しないようなことが可能。
キー指定無は、合計1レコードのみ出力。
パラメタ、保存、呼出機能あり。

【短所】
処理速度が遅い。
エラー処理が記述されていない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です