VB2010対応【赤外線データ解析プログラム】

HeightMap理論による赤外線画像データ解析プログラムで、赤外線画像診断・HeightMap解析に利用できる

  • ソフト名 :VB2010対応【赤外線データ解析プログラム】
  • バージョン :
  • ライセンス :シェアウェア:13,068円
  • OS :Windows
  • 開発 :中島 憲次

今すぐダウンロード

VB2010対応【赤外線データ解析プログラム】詳細

HeightMap解析理論による赤外線データ解析用プログラムです。赤外線画像診断等に利用されたりHeightMap解析として高さマップを生成することが出来、見るだけでも得するソフトです。
高さマップとして知られているグレースケール画像から地形を生成する事が出来ます。頂点に対応する地形の高さを指定するには、高さマップの各ピクセルの色を使用することができます。暗い灰色の低い地形と薄いグレーが高い地形を意味します。各ピクセルはバイトで表されます。したがって、頂点の高さの値が高さマップのバイトで表されます。
物質から出ている赤外線放射エネルギーを検出し見かけの温度に変換して、温度分布を画像として表示する赤外線サーモグラフィーで撮影した温度を表した熱画像を3次元表示するプログラムで、温度勾配が視覚的にもわかりやすく、プレゼンテーションにも便利です。
熱画像中の赤く表示されている部分は温度が高い状態で、青く表示されている部分は温度が低い状態を表している。
赤外線サーモグラフィーを活用して、建物の屋外・屋内の壁面や屋根面の温度の微妙な変化が測定できますので、壁面の内部や屋根の下などの通常は見えない建物内部の情報が取得可能となります。赤外線サーモグラフィで撮影した熱画像を3次元表示できますので、温度勾配が視覚的にもわかりやすく、プレゼンテーションにも便利です。
送金していただけば、VB2010対応【赤外線データ解析プログラム】の全ソースコードを出力することが出来るボタンが表示されます。
ソースコードを見ればそれができるロジックが分かります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です