PLMusicFileCollecter

音声フォーマットの変換や、メタデータを使ったフォルダー、ファイルの作成(エクスポート)ができる

  • ソフト名 :PLMusicFileCollecter
  • バージョン :1.1.1
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :K.O.

今すぐダウンロード

PLMusicFileCollecter詳細

フォルダーまたはプレイリスト内のファイルに対して、音声フォーマットの変換(MP3, FLAC, WAV, AAC, ALAC に対応)や、メタデータを使ったフォルダー、ファイルの作成(エクスポート)が行えるソフトウェアです。
以下のような特徴があります。

(1)フォルダーまたはプレイリストを指定して、音楽ファイルを一括変換
フォルダー内またはプレイリストの音楽ファイルを、指定したフォーマットに一括変換して書き出します。(元のファイルは変更しません。)
MP3, FLAC, WAV, AAC(m4a,mp4), ALAC(m4a,mp4)の各フォーマットに対応しています(mp4拡張子は転送元のみ)。
MP3, AACについてはビットレートが指定できます。

(2)アートワークの埋め込み
転送元音楽ファイルに埋め込まれたアートワークがある場合は、転送先ファイルにも埋め込むことができます。

(3)メタデータのコピー、表示
転送元音楽ファイルのメタデータを転送先ファイルにコピーします。(完全コピーできない場合もあります)
また、メタデータをウィンドウ表示することができます。

(4)メタデータなどを使ったフォルダー、ファイルの作成
例えばアーティスト[artist]、アルバム[album]、タイトル[title]のメタデータを使い、

[artist]¥[album]¥[title]

と入力欄に記入すると、以下のようにフォルダー、ファイルが作成されます。(音声フォーマットは仮にMP3を指定)

転送先基本フォルダー
¥アーティスト名
¥アルバム名
¥タイトル.mp3

メタデータ以外にも、ファイル名、日付、連番などを使ってフォルダー、ファイル名を作成できます。

(5)元に戻す機能
一度書き出した(エクスポートした)ファイルを元に戻すことができます(上書きしたファイルを除く)。

(6)その他
・書き出そうとするファイルが既に転送先フォルダー内に存在する場合の処理方法を一括指定できます。("上書きしない"、"番号を付けた別名で書き込む"、"上書きする"、から指定)
・転送先ファイルのタイムスタンプを転送元と同じにすることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です