Mpo(Memory Push Out)

物理メモリ開放ツール 仮想PCや3Dゲームなどの起動前にお試しアレ

  • ソフト名 :Mpo(Memory Push Out)
  • バージョン :1.00
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :Fj

今すぐダウンロード

Mpo(Memory Push Out)詳細

機能としては、Mpo自体が一時的に物理メモリをガツンと確保して終了する事で、現在システムで使用していないキャッシュ等のデータをスワップファイルに押し出します。
・開放したいメモリ容量を指定可能。(100MB~1.8GB)
・シンプルな作りになっています。
・レジストリ等の書込みは発生しません。
・常駐型ではありません。
【注意事項】
1.とうぜん、装備している物理メモリ量を超える開放は出来ません。
2.ページングファイルの設定容量が少ないと効果が出ない場合があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です