統合版 個別支援計画作成ソフト PRO4

サービス管理者が現場経験を元に作成! サビ管実務業務を省力化! 事務処理から解放される!

  • ソフト名 :統合版 個別支援計画作成ソフト PRO4
  • バージョン :4.6
  • ライセンス :シェアウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :山本 純

今すぐダウンロード

統合版 個別支援計画作成ソフト PRO4詳細

●平成29年3月30日厚労省通達「就労継続支援A型支援計画書」指定書式に対応。

●就労継続支援A型、B型のサービス管理責任者が一番時間を割かれるのが個別支援計画に係わる作業。 それを省力化させたソフトです。

●個別支援計画、支援記録、工賃評価計算を搭載!個人データは連動転記!

●各種議事録、日報、見学相談の受付時から退所・離職時の情報提供書類まで一括管理!

●事務処理から解放され、利用者支援や授産の収益アップに専念できる!

■特徴
初心者の方でも迷うことなく入力できます!
フェイスシート・モニタリング・アセスメントなど全てを搭載。
モニタリング後も、修正支援計画の反映が瞬時に可能。
利用契約期日と雇用契約期日を別々に管理可能。
契約更新期間を年単位だけでなく、月単位でも設定可能。
更新時期の見逃し防止アラート機能搭載。
暫定評価票も同時に作成できます。
日々の支援記録機能搭載。当日書き忘れてもカレンダー指定する事で、遡って記録できます。
生年月日の入力も楽々。西暦、和暦のどちらの入力にも対応。
作業工賃評価管理機能搭載。利用者への提示説明用も印刷可能。
利用者住所から、GoogleMap地図検索可能。訪問支援に利用頂けます。
見学相談の受付票も搭載。見学受付から退所・離職時の情報提供書類まで一括管理。
議事録、作業日報、研修報告、事故報告の書式搭載。
ひとつのファイルレイアウトを上下左右に複数画面で表示可能なので、記入時参照しやすく使用できます。
個人情報及び支援課題は入力モードと印刷用を個別に用意しました。
個人情報データーベースも分野別に、わかりやすく入力管理が出来るようになっています。詳細情報記入欄もあります。

※平成30年度からA型は短時間利用減算に係る取扱いが変わり、利用時間ではなく前年度の労働時間の平均を用いるようになりました。
当ソフトは40名までの小規模A型事業所向け利用時間管理機能として、労働時間を1年分貯めて置き、前年度の平均を出せるようにしました。

サポートページに動画マニュアルをご用意しました。
※動画の内容は以前の2014バージョンのものです。
基本は同じですが、本バージョンとは一部異なる箇所がございます。
サポートページ: http://benet01.blog67.fc2.com/

■動作環境
Windows7 32ビット/64ビット、Windows8.1 32ビット/64ビット、Windows10 32ビット/64ビット

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です