日経先物ロボット by Excel VBA(楽天RSS2用)

注記:Amazonのアソシエイトとして、[soft222.com]は適格販売により収入を得ています。

日経225先物自動売買構築ツール

  • ソフト名 :日経先物ロボット by Excel VBA (楽天RSS2用)
  • バージョン :2.21
  • ライセンス :シェアウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :いもと

日経先物ロボット by Excel VBA (楽天RSS2用) ダウンロード

日経先物ロボット by Excel VBA (楽天RSS2用)詳細

2021/06/25にマーケットスピード II RSSがリリースされ発注機能搭載で自動売買が可能になりました。

祝日取引に対応、2022/09/23より祝日取引が実地され原則(土、日曜日)及び(12/31~1月2日)を除く全ての現休業日を祝日取引の対象日になります。

マーケットスピード II RSS + ExcelVBAで分足を作成し「指数平滑移動平均線、MACD、ストキャスティクス、パラボリック、一目均衡表、為替データ、トレンドライン」等を生成し売買手法でシグナルを抽出して「発注価格、数量、利益幅、損失幅等」を計算して自動発注します。

ダウンロード後は「楽天Readme.pdf」を開いて操作を確認してください。
「楽天Readme.pdf」に売買手法マクロ及びリアル売買注文のテスト方法を追記しました。
「MarketSpeed2」を起動後「RakNF05IKS.xlsm」を起動し「分析」ボタンをクリックしてメッセージの指示に従い「限月交代」「最新5分足株価Data」を更新し再度「分析ボタン」をクリックしてください。データが更新出来ましたら「監視開始」をクリックして監視時刻にシステムが正常に稼働することを確認してください。

自動売買の構築は敷居が高いので「RakNF05IKS.xlsm」のシステム稼働を確認してからライセンスキーを購入してください。
ライセンスキーを入力して頂ければパスワードが表示されますので「成行、指値、逆指値注文」等の新規注文やトレイリング・ストップも自由にマクロ編集が可能となります。裁量売買で損切が出来ない方やザラバを見られない方に適しています。

編集にはExcel VBA及びUWSCの最低限の知識が必要です。プログラム作成に当たって「自動売買ロボット:森田佳佑著」Windows マクロテクニック:小林シンヤ著」を参考にさせて頂きました。

古希を過ぎた爺がブログに挑戦しています。
http://fcimoto.blog.fc2.com/
uwsc売買ツールの不足ファイル及び日経先物株価データ(2008/02~2016/12)並びに5分足株価最新データ(2017/01~)はブログを参照してダウンロードして下さい。

RakNF05IKS.xlsmの最新版はブログからダウンロードしてください。
なを、ブログには不具合箇所の修正並びに売買履歴等書き込んでいます。
今回、新たに「自動売買マニュアル.pdf」及び「セットアップ動画」をアップしていますので参考にしてください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です