非常時安否確認支援システム【AmpiTa】(アンピタ)

病院、会社、自治会などあらゆる組織で使えるコストフリーの非常時安否確認システム

  • ソフト名 :非常時安否確認支援システム【AmpiTa】(アンピタ)
  • バージョン :2.1.0
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :AmpiTa-PJ

今すぐダウンロード

非常時安否確認支援システム【AmpiTa】(アンピタ)詳細

■コストフリー
フリーソフトなのでソフト導入費無料です。特別な設備投資などが要らないのでイニシャルコストは無料です。メールアドレスさえあれば運用できるので維持費無料です。通信費以外の費用はかかりません。

■安否確認
災害、交通障害、スタッフ内の感染症流行など業務に支障が発生した際にスタッフや通院患者らの安否確認が行えるシステムです。

■専用サーバ必要
電子メールアドレス1つで運用できます。QRコードを使って携帯電話から定型文を作成・送信してもらえばAmpiTaが自動で振分し、名簿を作成します。
メールさえ使えれば良いので、メールアカウント情報さえわかれば避難先や遠隔地を安否確認対策本部と化すこともできます。

■自動返信
安否メール受理の自動返信、安否確認送信の催促メール送信などもできます。

■名簿印刷
安否確認リストはExcelファイルとして出力できます。印刷にも対応しています。

■独歩来訪者対応
メール以外の方法で連絡して来た方々の情報も登録できます。

■社員安否
元は外来透析患者用に開発されましたが一般企業の社員用にも使える仕様へと進化しました。

■情報セキュリティ
AmpiTaは事前の名簿登録なしで運用できます。送られてきたメールから氏名を抜出し、名簿を自動作成します。

■名簿突合
Excel等で事前に作成しておいた名簿との突合機能がありますので、名簿の有/無で自由な運用方法が選択できます。

■東日本大震災
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が開発に大きく影響しています。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*