VFolder-仮想フォルダー(バーチャルフォルダー)

1つのファイルを複数の仮想ファイルとして管理ができる

  • ソフト名 :VFolder-仮想フォルダー(バーチャルフォルダー)
  • バージョン :1.0.0.4
  • ライセンス :フリーソフト(寄付歓迎):1,188円
  • OS :Windows
  • 開発 :コオ

今すぐダウンロード

VFolder-仮想フォルダー(バーチャルフォルダー)詳細

———————————————————————-
○写真、映像、書類の管理に最適
○1つのファイルを複数の仮想ファイルとして管理ができる
○プロジェクトごと、会社ごと、遊びごとに切り替え簡単
○実データの誤って消失などの防止策
○可読性のある設定ファイルでデータの引越し、コピーもお手軽
———————————————————————-

○仮想フォルダについて
本ソフトウェアはWindowsの.NET2.0以上の環境化にて動作いたします。http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=0856eacb-4362-4b0d-8edd-aab15c5e04f5
■機能概要
本ソフトウェアはWindows上のフォルダやファイルを実際のフォルダ構成に関係なく管理が行えご利用シーンにより振り分けたフォルダやファイルを実行又は開くことができます。複数のウィンドウ、プリセットによりプロジェクトごと、仕事内容ごと、プライベートごとに設定を行え、更に常に利用するフォルダの開いた状態での保存機能などにより、より便利に使いやすいように設計されてます。PC環境の移動時にはプログラムフォルダ内の設定ファイルを全て移動することで可能としてます(可読性の設定テキストファイルの為、変更が容易)。
■利用シーン
1つのドキュメントファイルを「○×プロジェクト」名にて作成した仮想フォルダにて管理を行い、更に「設計ドキュメント」名にて作成した仮想フォルダにて管理し、2つの概念から1つのドキュメント実行が行えます。

○機能概要
1.仮想フォルダの管理
1.1.作成
1.2.削除
1.3.リネーム
2.フォルダ、ファイルの管理
2.1.作成
2.2.削除
2.3.リネーム
2.4.実行
3.ウィンドウの管理
3.1.作成
3.2.削除
3.3.設定の保存
4.プリセットの管理
本機能は全てのウィンドウ、フォルダ設定をそのままの形で保存、読込が可能です。
4.1.保存
4.2.読込
5.設定の管理
5.1.タスクバー表示設定
5.2.透過設定

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です