Text Coupler

複数テキストファイルを可変長/固定長で一括縦/横連結(結合)

  • ソフト名 :Text Coupler
  • バージョン :2.05
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :wtr

Text Coupler ダウンロード

Text Coupler詳細

Text Coupler(テキスト カプラー)は、複数テキストファイルを一括で縦/横連結(結合)するソフトです。
1ファイルから処理可能なので、文字コード変換や固定長空白埋めソフトとしても使えます。

■主な特徴
・縦連結/横連結両対応
・ファイル/フォルダのD&Dによるファイル登録
・同一ファイルを複数登録可能
・連結順を自動並び替え及びD&Dやボタン操作による手動並び替えから設定可能
・文字コード判定は、自動判別/手動設定から選択可能
・文字コードの混在したファイル同士も連結可能
・出力ファイルを任意の文字コードに設定可能

■縦連結特徴
・連結行を空行/連続文字/任意文字列から設定可能
・空行/任意文字列は、複数行に設定可能

■横連結特徴
・文字列タイプを可変長/固定長から選択可能
・固定長指定時は、それぞれのファイルの最大長の行に合わせて、行の末尾を自動空白埋め
・文字列同士を繋ぐ連結文字をタブ/カンマ/スペース/任意の文字から設定可能

■入出力可能な文字コード
・日本語 (Shift-JIS)
・日本語 (EUC)
・日本語 (JIS)
・日本語 (JIS 1バイトカナ可)
・日本語 (JIS 1バイトカナ可 – SO/SI)
・UTF-8
・UTF-16LE
・UTF-16BE
・UTF-32LE
・UTF-32BE
・US-ASCII

※ 相互変換可
※ 自動判定/手動設定切り替え可
※ 文字コードの性質上、自動判定は100%の正確性を保証するものではありません。

動作には、Microsoft .NET Framework 3.5 が必要です。
※ Windows 7 には標準インストールされていますので、別途導入する必要はありません。
※ Windows 8/8.1/10 (.NET Framework 4.5.x/4.6.x/4.7.x) 環境でも動作しますが、
[コントロールパネル]

[プログラムと機能] ↓
[Windows の機能の有効化または無効化] ↓
[.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)] を有効にすることをおすすめします。
(メーカー製PC等のプリインストール製品では、すでに有効になっている場合があります)

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。