Snagit – 簡単操作でPC画面を取り込んで編集・加工 直感的に操作できる画面キャプチャーソフト

簡単操作でPC画面を取り込んで編集・加工 直感的に操作できる画面キャプチャーソフト

  • ソフト名 : Snagit
  • 最新バージョン : 19.0.1.2448
  • ライセンス : 試用版
  • 言語 :日本語
  • OS : Windows 10/7/XP
  • 開発者/メーカー : Techsmith

今すぐダウンロード

Snagit詳細 :

SnagitはPC画面を静止画として取り込んで編集・加工を行うことができる、画面キャプチャーソフトです。直感的に操作でき、編集機能も充実している点が特徴です。「取り込んだ画面の画像を加工して、他の用途に活用したい」という時、例えばプレゼン資料用の画像作成やWebサイトのデザインレビューなどに試してみては如何でしょうか。Windows Vistaに搭載されているスニッピングツール(Snipping Tool)機能に物足りなさを感じている人にもおすすめです。

Snagitを起動すると、黒を基調としたシックな印象のメイン画面が表示されます。PC画面を取り込むには、メイン画面の右下にある大きな赤いボタンをクリックするか、キーボードのPrintScreenキーを押します。PC画面上にオレンジの枠線が現れマウスの動きに合わせて移動します。取り込みたい部分がオレンジの枠に収まるように操作してマウスボタンをクリックすると、枠で囲まれた部分は自動でSnagitに取り込まれます。さらに嬉しいのは、スクロールさせないと見えない部分の画面まで一度に取り込める「オールインワンキャプチャー」と呼ばれる機能です。取り込みたい画面をクリックすると、Snagitが自動的に画面の最上部から最下部で取り込んでくれるため、操作に迷う心配はありません。

さらに注目したいのは、取り込んだ画面を編集・加工する機能です。画面の取り込みが完了すると「Snagitエディタ」が起動します。SnagitエディタはOffice 2007と同じ「リボンインターフェース」を採用しており、使いたい機能を直感的に選ぶことができます。トリミングや拡大・縮小、色合いの変更の他、矢印、吹き出しマーク、チェックマークなどもマウス操作で簡単に追加できます。画像編集ソフトと見間違うほど充実した編集機能は、他の類似キャプチャーソフトの追随を許さないものがあります。

ただ、全ての機能を使いこなすには、慣れが必要です。特にオールインワンキャプチャー以外のキャプチャー機能を使うには、取り込まれる画面範囲についての予備知識が必要になります。同梱のヘルプに詳しい情報がありますので、よく読みながら使うと良いでしょう。

Snagitは、手軽にPC画面を取り込んで様々な編集を行うことが出来る、便利な画面キャプチャーソフトです。PCの画面を取り込んで加工する機会が多い人にお勧めです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です