RS232Cテストツール

RS232Cデバッグツール(RS232C接続を行い電文の送受信を行うテストツール)

  • ソフト名 :RS232Cテストツール
  • バージョン :2.22
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :のん

今すぐダウンロード

RS232Cテストツール詳細

本プログラムはRS232C接続を行い電文の送受信を行うアプリケーションです。主な特徴は送信データファイルのドラック&ドロップ送信、バイナリデータをテキスト形式で表現したデータのバイナリ変換送信、送受信データのLOG表示、LOG保存、データ保存等の機能です。送信ファイルの拡張子をLSTとする事により、送信データファイルの一覧を指定する事が出来ます。シンプルな画面構成になっていますので、起動後、直ぐに使用出来ると思います。

<送信データファイル一覧の記述方法(拡張子:LST)>
送信データファイル名を1行に1ファイル分記述します。
(例)data1.txt
data2.txtdata3.txt

<バイナリデータのテキスト形式での表現方法>
簡略名(<NUL><SOH><STX><ETX><EOT><ENQ><ACK><LF><CR><NAK><SYN><ETB><ESC>)
十六進(<00><01><02><10><11><12><a1><A2><a3><f1><F2><f3><Fe><ff>)

<関連ソフトウェア>
・TCP/IPテストツール
→本プログラムと同様の機能をTCP/IPで実現したプログラムです。
・TCP/IP-RS232C中継機
→TCP/IPとRS232Cの中継(変換)を行なうプログラムです。
TCP/IPテストツールとRS232Cテストツールを同梱しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です