PythonIVS検索

PythonでIVS検索をするWindowsアプリケーション

  • ソフト名 :PythonIVS検索
  • バージョン :2.00
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :望月 英男

PythonIVS検索 ダウンロード

PythonIVS検索詳細

テキストに使われているIVS、サロゲートペア、MJ文字情報といった文字に関する情報の取得はPythonで、取得した情報の表示は「日経ソフトウェア 2020年7月号」の「Visual Studio 2019 でPythonは・・・」を参考にしたWindowsアプリケーションになっています。そのため、ダウンロードしたフォルダにあるPythonファイルは単独でも動作します。(Visual Studio Code等)
PythonとのIVS文字データの受け渡しについては、色々試みてみましたがテキストファイルを使う必要があるようで、今回はテキストファイルによるデータの受け渡しを採用しています。その他、関数をまとめてモジュールにするなどの修正がされています。
※本アプリケーションでは、IPAの下記の著作物を利用しています。
「MJ文字情報一覧表 Ver.006.01」— https://moji.or.jp/mojikiban/mjlist/
「MJ文字情報一覧表 変体仮名編 Ver.002.01」— https://moji.or.jp/mojikiban/mjlist/
■動作環境
・Windows10
・.NET Framework 4.5以上
・Pythonがインストールされていること。
・IPAmj明朝フォント
ダウンロードページ https://moji.or.jp/mojikiban/font/
■[python.exeのフルパス]の入力
・本アプリケーションでは、初回の起動時に画面の最上部のテキストボックスに[python.exeのフルパス]を入力しなければなりません。
・初回の終了時にフルパスは保存するようになっていて、2回目の起動時からは、前回保存したフルパスが入力されるようにしてあります。
※「python.exeのフルパスの求め方」はReadme.txtを参照してください。
■[IVS検索]の操作手順
・検索する文字の直後にカーソルを置き、[IVS検索]ボタンをクリックします。又は、[F12]を押下します。
・IVS文字が左側の[IVS]リストに表示され、その右の[MJ文字図形名:UCS]リストには対応するMJとUCSが表示されます。
・[IVS]リストの文字を選択してダブルクリックすると選択された文字がコピーされます。
・[MJ文字図形名:UCS]リストは選択してダブルクリックすると選択された文字のMJ文字図形名がコピーされます。
・右側の[テキストボックス]にはPythonの実行結果が表示されます。
■詳細はReadme.txtを参照してください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です