PowerPoint/Excel+VBA タイマー

画面全体に大きく(又は電子黒板の端に小さく)デジタルタイマーを表示 一定時間を集中して活動できる

  • ソフト名 :PowerPoint/Excel+VBA タイマー
  • バージョン :2.5
  • ライセンス :メールウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :Tam

今すぐダウンロード

PowerPoint/Excel+VBA タイマー詳細

学校によっては,10~15分の帯の時間を使って漢字や計算などの基礎学習を実施しているところも多いようです。限られた時間の中での学習活動はこの帯の時間に限らず,普段の授業の中でもけっこう多いものです。3分程度なら,クッキングタイマーを使って,時間が来たら「ピッピッピッ」の音で知らせればよいと思います。しかし,5~15分となると児童生徒も時間を計画的に使う必要性があり,教室内の時計をチラチラ見ることになります。ただし,時計の場合は時刻を時間に換算せねばならず,タイマーとは異なり一瞬思考が止まります。そこに本プログラムの意味があります。直接PCとe黒板などを使って表示することが可能です。活動の開始とともにタイマーをスタートします。児童生徒はモニタを見て開始からの時間や残り時間を知り,集中して取り組みます。また,先生もストップウォッチを片手に「あと○分」などと言わなくてもよく,特に支援の必要な児童の傍に付けるという利点もあります。電子黒板等の大画面では,横に小さな窓で計時表示しながら,別の活動(調査・交流・発表等)ができます。また,このようなショートタイムプログラムだけに限らず,1時間以上の長い活動でも使えます。
・完全な全画面表示するための PowerPoint+VBA版(ppsm)とExcel+VBA版(xlsm) の2種類があります。
・通常のカウントアップ・タイマーとカウントダウン・タイマーの2種類を設定できます。
・画面は,開始から(又は終了まで)の時間(時:分:秒)を秒単位でカウント(カウントダウン)し表示するだけです。(時刻ではありません)
・タイマー動作開始後,一定時間(警告時間として指定可能)になると表示色が黄や赤になり終了が近づいたことを知らせ,終了時間になるとストップします。その際,指定時間や終了時間では,音(音楽)を鳴らすこともできます。
・PowerPoint+VBA 版を使ってビデオテープ等に録画すると教室にPCがなくても使えます。
・設定時間は最大24時間で,秒単位で設定します。警告回数は2回まで設定できます。
・タイマー動作中,CPU 稼動率は100%となります。
・本システムには,次のファイルが含まれています。(説明ファイル,PowerPoint(ppsm),Excel(xlsm))

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です