KeyToKey

キーやマウスを自動操作するマクロツール

  • ソフト名 :KeyToKey
  • バージョン :18.05.05
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :Keto

今すぐダウンロード

KeyToKey詳細

KeyToKeyの主な機能
・マクロを作る
・作ったマクロをトリガーキーに割り当てて実行する
・トリガーキーにキーを割り当てる

キーを割り当てるとは?
・例えば、トリガーとするキーに何かしらのキーを割り当てるとします。
・トリガーをキーダウン(アップ)した際に割り当てたキーも同じ挙動をするようになります。
・キー割り当ては単一または複数のキーに対して割り当てることが可能です。

マクロで出来ること
・用意されてあるメソッドを使用することで、キーやマウスの動作を作ることができます。
・変数、条件分岐、ループ処理ができます。
・マクロは連射(ループ)が可能です。
・キーアップした時に最後まで実行させるか、途中で停止できるようにするかの設定が可能です。
・マクロは単一または複数のキーに対して割り当てることが可能です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です