kaz_javaSpringBootプログラム自動作成◎生成ツール

DBテーブル作成定義をベースに、java、SpringBoot、Thymeleaf、JPA、Spring Securityを自動作成@自動生成

  • ソフト名 :kaz_javaSpringBootプログラム自動作成◎自動生成
  • バージョン :2.3(202204280000)
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :kazpgm

kaz_javaSpringBootプログラム自動作成◎自動生成 ダウンロード

kaz_javaSpringBootプログラム自動作成◎自動生成詳細

1 ダウンロードファイルの内容
 Ver2.0からは、以下の2つを同梱し、セキュリティ的にエクセルマクロを
 使えないユーザには、マクロ不使用版を使用してもらえるようにしました。
  ・「マクロ使用版」(エクセルマクロVBA使用)
  ・「マクロ不使用版」(VB.netを使用)

2 使用方法
手順1.「kaz_javaSpringBootプログラム作成ツール\作成例」フォルダをコピーしてPGM作成用のフォルダを作る。
以降の説明はこのフォルダを対象とする。
手順2.「ReadMe」シート内容を理解する。
 「マクロ使用版」は「javaSpringBootプログラム作成マクロ.xlsm」
 「マクロ不使用版」は「javaSpringBootプログラム作成手順.xlsx」
手順3.テーブル項目などの定義を記入する。
 「マクロ使用版」は「javaSpringBootテーブル項目一覧などの定義.xlsm」
 「マクロ不使用版」は「javaSpringBootテーブル項目一覧などの定義.xlsx」
手順4.PGMを自動作成する。
 「マクロ使用版」は「All全てのマクロを実行し一気にPGM作成Otaasuke」VBAマクロ
 「マクロ不使用版」は「SpringBootAutoCreate.exe」(VB.net)
その後.
 ・STS4(Spring Tool Suite 4)に自動作成されたPGMを設定する。
 ・DDLからDBを作る。
 ・用意されたSQLで管理者ログインIDの初期値をDB登録する。
  (WEBにログイン後、「ユーザー情報管理」でパスワードを変更しておいてください)
 ・WEB実行する

3 自動作成されるPGMとは
・Ver1.5(202111240000)からは、親子テーブルを1画面で登録、更新、削除できるPGMが自動作成できます。
・過去Verで作成済みの人も最新VerでPGMが自動作成できます。
・画面で登録、更新、削除できるPGMが自動作成できます。
 (Ver2.2から、とりあえず、スマホ対応!レスポンシブサイトです)
・テーブルデータCSV出力PGMが自動作成できます。
・CSVテーブルデータアップロードPGMが自動作成できます。

4 Youtubeに載せた説明
a.「自動作成したPGMサンプルを動かすときは」の説明(マクロ使用版)
https://www.youtube.com/watch?v=KXxmMj45BSk&list=PLSOg2lzx0fPdlk36vwI0q0ZBbH6KnPELq
b.定義ファイルからのPGM自動作成説明(マクロ使用版)
https://www.youtube.com/watch?v=4O5lRUEwLb8&list=PLSOg2lzx0fPcJ5vfcTMRpxhjVXkLWhX7I

5 Zennブックに載せた説明(マクロ使用版)
https://zenn.dev/kazpgm/books/ee2077af3be831

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。