K-Lite Codec Pack Full – 動画・音声の再生に用いられるコーデックをパッケージ化

動画・音声の再生に用いられるコーデックをパッケージ化

  • ソフト名 :K-Lite Codec Pack Full
  • バージョン :14.5.5
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :Codec Guide

今すぐダウンロード

K-Lite Codec Pack Full詳細

動画や音声の再生に必要となるビデオコーデック、オーディオコーデックをパッケージ化し、さまざまな形式の動画・音声を再生(デコード)できるようにするソフト。

動画ファイルをメディアプレイヤーで再生する場合、動画ファイルの形式に対応したコーデックを用います。言い換えれば、動画ファイルに対応したコーデックがなければ、動画は再生できません。動画ファイルの形式にはさまざまなものが存在するため、対応したコーデックを入手し、パソコンにインストールする必要があります。

「K-Lite Codec Pack Full」でコーデックをインストールすれば、ポピュラーな形式からレアな形式まで、さまざまな動画や音声ファイルを再生できるようになります。

対応する動画・音声形式はAVI、MKV、MP4、FLV、MPEG、MOV、TS、M2TS、WMV、RM、RMVB、OGM、WebM、MP3、FLAC、M4A、AAC、OGG、3GP、AMR、APE、MKA、Opus、H.264、MPEG2、VC-1、DivXなど。字幕表示やハードウェアアクセラレーション(DXVA2、NVIDIA CUVID、Intel QuickSync)にも対応します。

セットアップ画面では、ファイル形式を参照しながら、インストールするコーデックを選択できます。競合するコーデックがインストール済みの場合は、「K-Lite Codec Pack Full」のコーデックを利用するか、インストール済みのコーデックを利用するかを選択します。

「K-Lite Codec Pack」には、Full版のほかにも、Basic、Standard、Megaの計4種類のエディションが用意されています。Basic→Standard→Full→Megaの順にコーデックの種類が増加します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です