Fortran Structured Programming Win32

Fortran90・PIC・6809・H8・Z80・SuperH・ARM・PowerPC・V850・SPARC・R3000の汎用構造化プリプロセッサ

  • ソフト名 :Fortran Structured Programming Win32
  • バージョン :100.00
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :わや

今すぐダウンロード

Fortran Structured Programming Win32詳細

ソースコードレベルでのマルチプラットフォーム・マルチプログラム言語対応の汎用構造化プリプロセッサです。
CPUディレクティブを指定するだけで、Fortranで構造化プログラミング・マクロ命令・CPUディレクティブ・プリプロセッサ命令を使用できます。
使用できる構造化ディレクティブは、if~elseif~else文・for文・while文・do~while文・switch~case文・break文・continue文・goto文です。
各構造化ディレクティブは、多重ネスト・マクロ命令で実装しています。
詳細は、サンプルプログラムをご覧ください。

言語仕様からプラットホームに依存する部分を切り離し、config.txtに集約したため、config.txtを修正するだけで、プラットホームに依存しないプログラミングをする事ができます。
GCCでコンパイルする場合は、クロスプラットフォーム開発できます。
プリプロセッサなので、CPUディレクティブとマクロ命令は、ネーミングも形式も自由に追加できます。
CPUディレクティブ .i386・.x86_64・.Itanium・.H8・.Z80・.SuperH・.MIPS・.ARM・.PowerPC・.AVR・.RX・.M32C・.M16C・.R8C・.R32C・.M32R・.MeP・.TX99・.TX79・.TX49・.TX39・.TX19・.TLCS-900・.TLCS-870・.V850・.78K・.SPARC・.PIC・.SX・.6809・.6502・.Nios2・.MicroBlaze・.PicoBlaze・.RL78・.R3000・.RH850・.RZ・.Visconti4・.N88BASIC・.MS-DOS・.Fortran90・.java・.php・.perl・.Android・.Swift・.Python・.Ruby・.VBA
理論上、条件文とgoto文があれば、プラットホーム・プログラム言語を問わず、構造化プログラミングを実装することができます。
詳細は、config.txt(マクロ命令環境ファイル)をご覧ください。

使用可能なディレクティブ。
構造化ディレクティブ(if~elseif~else文,for文,while文,do~while文,switch~case文,break文,continue文,goto文)
マクロ命令
CPUディレクティブ
#include
#define
#undef
#error
#warning
#if ~ #elif ~ #else ~ #endif
#ifdef ~ #elif ~ #else ~ #endif
#ifndef ~ #elif ~ #else ~ #endif
&&,||,(,)

javaやphpやperlなどのすべての構造化言語とオブジェクト指向言語に対応しました。
構造化言語やオブジェクト指向言語では、.preprocessorを指定して、構造化ディレクティブを使用不可にしてください。
CPUディレクティブとマクロ命令とプリプロセッサ命令が使えます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です