Fake-MX DLL

MELSECシーケンサとのソケットおよびシリアル通信の .NET DLL

  • ソフト名 :Fake-MX DLL
  • バージョン :2.23
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :[email protected]市川

Fake-MX DLL ダウンロード

Fake-MX DLL詳細

三菱電機シーケンサと Windows パソコンを通信させるための通信ライブラリ (.NET DLL)。

Visual Basic .NET からの利用を推奨するが、C# からも利用可能。ステータスによって同期がとれる、非同期通信であることが特徴である。

マニュアルやサンプルを同梱している。

対応:MELSEC Q, iQ-F (一部 iQ-R)
プロトコル:MCプロトコル (3E,4E, 2C,3C,4C)
通信:TCPソケット通信、RS-232C通信

WriteDeviceBlock2
ReadDeviceBlock2
WriteDeviceRandom2
ReadDeviceRandom2

他、ビット単位の読み書きなどの関数を装備。

プロパティとしては

ActSourceStation
ActSourceUnitNumber
ActNetworkNumber
ActUnitNumber
ActConnectUnitNumber
ActHostAddress

など MX Componentのプロパティに倣った内容。

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。