Excel+VBA 絶対評価に対応した成績集計

各教科各観点ごとに,絶対評価に対応した集計処理を行い,学期末の評価判定をする

  • ソフト名 :Excel+VBA 絶対評価に対応した成績集計
  • バージョン :4.1
  • ライセンス :メールウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :Tam

Excel+VBA 絶対評価に対応した成績集計 ダウンロード

Excel+VBA 絶対評価に対応した成績集計詳細

絶対評価で処理するために,単純な合計・平均・偏差値・順位で評価・判定してはなりません。これらは相対評価となってしまいます。毎時間の授業の中で行われる評価も絶対評価であるなら,その集計・判定も絶対的なものでなくてはならないはずです。そこで,各教科・各観点別に絶対評価にみあう集計方法を考え,一つの集計値を算出し,さらに,その集計値から最終判定を下す流れを提案します。
 また,「得点入力アシスタント」を追加しました。それは,絶対評価成績集計の得点入力をアシストするものです。1~5列をセットで入力するときにも,テンキーとEnterキーだけで,入力できます。

・Excel+VBAで作成しました。
・小学校学級担任用の集計表です。従って,1ファイル1クラス1学期用です。
・各時間で評価したデータやテスト等の記録を絶対評価に見合った集計します。
・入力は,名簿及び各種評価データ(各授業の評価規準による判定や達成度テスト等)
・集計する領域は各教科,及び,性格・行動の評価です。
・満点が異なる各回の評価(素点)を等しく扱うことができます。
・各回の評価(素点)に異なるウェイト(重さ)をかけて集計することができます。
・集計値は百分率のように一定の数値の範囲内で表すこと(倍率)ができます。
・この3条件を満足する集計をVBAを使って関数化してあります。
・集計値から仮判定するための判定基準(境界値)は各教科・各観点毎に設定できます。
・仮判定(自動計算)から,目で見て担任が最終調整します。
・調整された最終判定値は評価一覧表に反映されます。別シート「通知表&要録一覧」の入力と同じ形式にしてあります。

・「得点入力アシスタント」は,「絶対評価成績集計」の付属ソフトですが,完全に独立した別ソフトです。一覧表の入力作業にも使えます。
・2つのファイルを同時に開き,データを相互に関連付けて(リンク)扱います。リンクが成立すると,アシスタント側の操作だけで,入力作業が進んでいきます。
・基本的にはテンキーとEnterキー(右手)だけで,1~5つのセルを繰り返し連続入力ができます。

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。