Excel地図プロット

住所を入力するとシートに貼り付けた地図にプロットできる

  • ソフト名 :Excel地図プロット
  • バージョン :1.1
  • ライセンス :サンプル版
  • OS :Windows
  • 開発 :カナコム

Excel地図プロット ダウンロード

Excel地図プロット詳細

操作

1 住所シートのC列に住所を貼りつけます。
プロットするときの基準とする場所の分かっている住所2点も入力し、J列補正点に1を入力しておきます。

2 緯度経度検索ボタンを押します。

緯度経度が検索され貼り付きます。

3 プロットシートにグーグル等で検索した地図を貼りつけます。

4 位置プロットを押します。

プロットされます
先頭行 (この例ではめじろ台駅)を中心に 1km 100ピクセルで位置がプロットされます。
住所シートのA列の行番号が表示されます。

5 J列に1を入力した補正点が赤色で表示されています。選択し、正しい位置に移動します。

6 位置補正を押します。
位置が補正され、正しく表示されます。

K列にコメントの方向 1(0度) 2(90度) 3(180度) 4(270度) を入力することができます
空欄は 1(0度)と判断

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。