DirCmdEx by Excel – Excelでファイルリスト・フォルダ階層作成 検索条件指定ほぼ無制限 ファイルコピー、ファイル内置換可能

Excelでファイルリスト・フォルダ階層作成 検索条件指定ほぼ無制限 ファイルコピー、ファイル内置換可能

  • ソフト名 :DirCmdEx by Excel
  • バージョン :4.2.0
  • ライセンス :フリーソフト(寄付歓迎)
  • OS :Windows
  • 開発 :ProjecTom

今すぐダウンロード

DirCmdEx by Excel詳細

ExcelマクロにてDIRコマンド実行し、高速にファイルリスト作成します。
重複ファイルチェック、作成したファイルリストからのコピー機能もあります。
加えて、フォルダ階層作成機能とテキストファイル内の置換機能に対応しました。
テキストファイル形式は「SJIS、UTF-8(BOMあり・なし)」に対応しています。

内部的にはDIRコマンド結果をリダイレクションしてその結果を
解析しているので、他の類似するツールよりは高速だと思います。
Excel2010で作成しましたが、Excel2013でも動作確認しました。
OSは、Windows Vista、7、8ぐらいでざっと動作確認してます。
ちなみに、Windows 10とExcel2016については動作確認してません。

ちなみに、環境にもよりますが、LAN上で 1 万ファイルぐらいを
本ツールでリスト化するのに 2~3 分でした。
ただし、Excelの制限があるので、1048576ファイルが上限ですが・・・

ファイル検索機能は通常、OSにありますが、ファイルが多い場合、
同様の領域を何度も探すのは、非常にストレスとなります。
これを回避するために、Excelにて検索結果をリスト化します。
すなわちリスト化し、Excelの検索・フィルタ・ソート機能により
ストレスなくファイルの検索・分類・整理が可能となります。
特に、LANのファイルサーバ上の多量のファイルを整理する場合など、
速度面でのストレスを緩和するはずです。

出力するファイル情報は以下の通りです。
拡張子、ファイル名、フォルダ名、フルパス、サイズ(KB)、
種類、作成年月日、最終アクセス年月日、更新年月日

作成したファイルリストのファイルとフォルダ構成を
指定した領域にコピーすることも可能です。

作成したファイルリストのファイル内の文字列を
指定文字列で置換することも可能です。

操作手順の詳細は、本ツールの各操作用シートに記述していますが、
概要は以下の通りです。

(1)検索フォルダ指定
(2)検索パラメータ指定
(3)検索実行
(4)ファイルリスト作成完了
(5)作成したリストを利用してコピーしない場合はここで終了
(6)コピーしたい場合はコピー先フォルダ指定
(7)作成したリストからコピーしたいものをフィルタするか、
コピー対象外ファイルを削除する。
(8)コピー実行して完了
(9)作成したリストから置換したいものをフィルタするか、
置換対象外ファイルを削除する。
(10)置換実行して完了

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です