City Design Tool

3dsMaxで動作する、VR都市モデルを自動生成するツールとPov-rayデータをインポートするツール

今すぐダウンロード

City Design Tool詳細

このソフトは2つのツールで構成されています。
1. 「City Design Tool」
VR都市モデルを自動生成するためのツールです。誰にでも簡単に作成できる画像データとドローイングデータから、建物や敷地を自動生成することができます。AutoDesk社の3DS Max 2010のためのプラグインとして開発されています。生成されたモデルは、3Dゲームなどの汎用フォーマットである3DSファイルとして保存され、VRツールの1つであるForum8社のUC-win/Roadで利用することが可能です。
2.「Povray To Max」
UC-win/Roadの道路データ及び交差点データがPov-rayファイルをとおして、3DS Maxへと出力するツールです。

■アーカイブの内容

1. 「City Design」maxスクリプト
Util1.ms(Quadメッシュ生成ルール)
Util2.ms (Quadメッシュ変形ルール)
Util3.ms (屋根/上層部の生成ルール)
TextureBake.ms(テクスチャ生成)
Road.ms(道路網作成)
Site.ms(開発敷地作成)
Parcel.ms(ゾーニング指定と標高データから区画生成)
Component.ms(コンポーネント)
Building.ms(建物生成)
exportLandXML.ms(Landxml)
GUI.ms (インターフェイス)
UC-win/Roadプラグイン
Import3DSListPlugin.bpl

2.「Povray To Max」
 RovrayToMax .ms

■作者
アリゾナ州立大学教授小林佳弘、株式会社フォーラムエイト
■注意事項
このソフトを販売することはできません。
このソフトを改変した際は報告、公開を前提とさせていただきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です