BeeCom

シリアル通信 アプリケーションプロトコルシミュレータ

  • ソフト名 :BeeCom
  • バージョン :
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :染矢 洋文

今すぐダウンロード

BeeCom詳細

BeeCom は、依然として産業機器などで需要があるシリアル通信(RS-232C 調歩同期、将来的にはHDLC など)や、UDP 通信において、アプリケーション定義のプロトコルを実行させるためのソフトウェアです。

BeeCom は、基本的に、

・受信データが[パターン]に[回数]マッチしたら[遅延時間]待って[データ]を送信する
・[パターン]を指定しないと[遅延時間]間隔で自発的に[データ]を送信する

ものです。[ ]部分のパラメータを、指定されたディレクトリにあるcsv形式のテキストファイルから読み込んで動作しますが、データ作成用のOpenOffice Calc ドキュメント(*.ods)を同梱しているので、そちらを使うことをおすすめします。動作中一定周期で送信データを指定したファイルを読みながら動作するので、通信中に送信データを変更することができます。(通信中に更新されるのは送信データだけで、その他のデータ(Environments やResponses など)は更新されません。)

また、プラグインを使用すると、受信データ中のあるデータを自動応答したり、送信
データにFCS を自動付与したりできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です