AIMP

イコライザ機能やネットラジオ機能など、軽快に動作しつつも多機能な音楽プレイヤー

  • ソフト名 :AIMP
  • バージョン :4.50 Build 2048
  • ライセンス :その他
  • OS :Windows
  • 開発 :Artem Izmaylov

今すぐダウンロード

AIMP詳細

シンプルなインタフェースの、軽快に動作する音楽プレイヤーです。イコライザ機能やインターネットラジオ受信・録音機能、スキン変更機能など、軽快に動作しつつも、多くの機能を備えている点が特徴です。

音楽ファイルの再生では、再生、一時停止、停止、再生位置移動、前の曲への移動、次の曲への移動、シャッフル再生、リピート再生、指定した区間のリピート再生、L/R出力(左右スピーカー)の調整機能などを備えています。音楽ファイルの再生速度の変更や、曲のテンポや音程の調整も可能です。ツールバータイプのインタフェースで再生したり、タスクトレイ上で再生したりすることもできます。

音楽ファイルを管理する機能もあります。インターネット上の情報を利用し、CDジャケットを表示するなどして、ライブラリを作成できます。指定した音楽ファイル/音楽ファイル保存フォルダにショートカットを作成する機能や、よく聴くファイルやフォルダのショートカットをブックマークとして登録する機能、再生中の音楽ファイルの情報やCD情報を表示する機能なども備えています。音楽ファイルのタグ情報を編集する機能も備えています。

読み込み可能な音楽(動画、ストリーミング含む)フォーマットは、拡張子別にwav、mp3、wma、ape、flac、fla、aac、m4a、mp4、m4b、mp2、ogg、oga、wv、tta、ac3、 tak、mp1、midi、mid、umx、mod、mo3、it、s3m、mtm、xm、ai、aiff、spx、ofr、ofs、mpc、mp+、mpp、mac、rmi、kar、cdaです。プラグインを導入すれば、ほかファイル形式にも対応できます。音楽ファイル形式の変換機能も備えています。前述した読み込み可能なフォーマットから、APE/FLAC/OGG/WAV/WV/WMA形式に変換できます。

サウンド効果として、再生速度やエコー、リバーブなどの調整も可能です。イコライザを利用して、低音を増幅するなど、帯域ごとに強調した再生も利用できます。

そのほか、音量が歪まない程度まで上下させる「音量の自動正規化」、音量を均一化する「リプレイゲイン」なども用意されています。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*