7 Sticky Notes

デスクトップに付箋(メモ)を貼ったり、アラームを鳴らしたりできる付箋紙ソフト

  • ソフト名 :7 Sticky Notes
  • バージョン :
  • ライセンス :フリーソフト(寄付歓迎)
  • OS :Windows
  • 開発 :Fabio Martin

今すぐダウンロード

7 Sticky Notes詳細

好きなメモを記した付箋紙をデスクトップにペタペタと貼れるソフト。付箋紙に書く文字の色や大きさ、フォントやスタイルを指定したり、付箋紙の色や透明度、大きさを指定したりできます。指定した時刻に付箋紙を表示したり、逆に非表示にしたりできます。

使い方は簡単です。タスクトレイの「7 Sticky Notes」アイコンを右クリックして「New Note」を実行し、新規の付箋紙と編集ウィンドウを表示します。付箋紙に記すメモを入力し、必要に応じて「Note Configuration window」を利用し、文字のサイズや色の指定、アラームの設定などを行います。

メモを入力後、チェックボタンをクリックすると編集ウィンドウが消え、メモを記した付箋紙がデスクトップに貼られます。「Fonts」「Style」「Alarms」の各タブが用意され、「Fonts」タブでは、メモに使う文字のフォント(字体)、大きさ、色、スタイルなどを指定できます。「Style」タブでは、付箋紙の透明度や付箋紙の色(7種類)を指定します。「Alarms」タブでは、指定時刻になったら付箋紙を表示させる設定(アラーム)や、非表示にする設定(スリープ)が可能です。

付箋紙をデスクトップごとに分類・管理するという、ユニークな機能を備えています。
作成した付箋紙は「Default」という名称のデスクトップに保存されています。好きな名称のデスクトップを作成し、そこに付箋紙をペタペタと貼ることができ、付箋紙をデスクトップごとに表示したり、すべての付箋紙を同時に表示したりできます。

新たにデスクトップを作成するには、タスクトレイの「7 Sticky Notes」アイコンを右クリックして「Notes Manager」を実行し、「New Desktop」を実行して行います。

そのほか、ほかのアプリケーションに隠れて付箋紙が見えないときに、背景を暗転させて付箋紙を表示する機能や、付箋紙のバックアップ機能なども用意されています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です