高校DB作成mシステム 出席簿.xlsm for web ベータ版

webサーバー上に設置されたmシステムのDBと相互通信できる出席簿

  • ソフト名 :高校DB作成mシステム 出席簿.xlsm for web ベータ版
  • バージョン :β訂正版(2022.07.12)
  • ライセンス :シェアウェア
  • OS :Windows
  • 開発 :macha先生

高校DB作成mシステム 出席簿.xlsm for web ベータ版 ダウンロード

高校DB作成mシステム 出席簿.xlsm for web ベータ版詳細

本ファイルは、macha先生の「クリタップ出席簿.xlsm」「クリタップ出欠簿.xlsm」の通信機能追加版です。
今回は、http や https で始まるいわゆる「webサーバー」上にmシステムとそのデータベースファイルが設置・構築できるようになったのに伴い、webサーバー上のデータベースファイルと相互通信できるバージョンとして新たに完成させたものになります。

日々の出席記録が、クリック・タップ操作だけで記録してくソフトウェアになっております。また、記録だけでなく、各種集計も行います。

【本ファイルで記録・集計できるもの(本ファイルで作成するデータ)】

・日々の出欠記録、欠課の記録
・実施授業の記録(時間割の記録)
・通知表、指導要録に記録する個人個人のデータ(授業日数、出席すべき日数、出席停止・忌引きの日数、留学の日数、欠席・遅刻・早退の日数、これらの理由)
・クラスの動態推移(在籍数、出席者数、出停の人数とその内訳、忌引きの人数、欠席者数、遅刻者数、早退者数)
・出欠カレンダー(生徒個人個人が何月何日に欠席、遅刻、早退、出停・忌引きであったかをカレンダー形式で表示)
・曜日別欠席数・欠課時間数

これらの記録は、データベース用ファイルに送信でき、データベース化ができます。

【送信するデータベース】( )内はデータベースファイルのファイル名

・日々の出欠記録、欠課時間数(20○○年度入学生-出席簿.xlsm)
・クラスの動態推移(20○○年度 動態調査.xlsm)
・通知表に記録する個人のデータ(20○○年度入学生-出席日数-通知表.xlsm)
・指導要録に記録する個人のデータ(20○○年度入学生-要録.xlsm)
・実施した授業の記録(20○○年度 授業実施実績.xlsm) ※送信する設定をしたときのみ

この改訂に伴い、次の機能を追加しています。

・「セカンドPCモード」・・・担任の先生が、利用できる機能を制限して、複数台利用できるようになりました。
職員室の「メインPC」に加えて、教室で利用するタブレットPCでも利用可能です。

・「今日の更新」ボタン・・・今日の日付のデータは、データベースから直接データが取得できます。

ユーザーレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。