祝日関数

祝日を判別するExcel用の関数

  • ソフト名 :祝日関数
  • バージョン :1.32
  • ライセンス :フリーソフト
  • OS :Windows
  • 開発 :Yocky

今すぐダウンロード

祝日関数詳細

エクセルで休日などを判別させるための関数です
このファイルを開いて、モジュールを使用するファイルにコピーしてください
エクセルのセルで"=whatday(日付のシリアル値)"とすると、平日なら1、土曜なら2、日曜なら3、休日なら4を返します
これを利用すればカレンダーで休日の色を変えたりする処理が簡単に出来ます

例:セルA1に日付が入力されている場合
    =whatday(A1)
 とすると1~4の数値が返ります。
 条件付き書式にこの数式を使って1~4に応じて
 色を設定すればOK。

 詳しい例はサンプルファイルを開いて「条件付き書式」に
 設定されているルールを見て下さい。

平成15年以降のハッピーマンデーにも対応済み
平成19年以降の祝日法一部改正にも対応しました。
平成28年以降の祝日法一部改正(山の日)にも対応しました。
平成32年の「国民の祝日に関する法律」の特例に対応しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です