内経気象学リアルタイム PR版

『黄帝内経』素問霊枢に記載される気象医学の世界初のプログラム化、鍼灸臨床に使える

  • ソフト名 :内経気象学リアルタイム PR版
  • バージョン :3.50
  • ライセンス :フリーソフト(広告付)
  • OS :Windows
  • 開発 :橋本 浩一

内経気象学リアルタイム PR版 ダウンロード

内経気象学リアルタイム PR版詳細

■このソフトは、「内経気象学リアルタイム」のPR版です。
本体ソフトおよび各ソフトの起動時に2009年緑書房から出版された『内経気象学入門』と2013年2月に完成したWHO/WPRO国際標準経穴部位準拠『十二経絡図譜電子版V3.00』の広告フォームが表示されます。その他は、製品版と同じ機能が使用できます。広告フォームをクリックするとソフトが終了しますので、そのまま起動するまでお待ちください。

■このソフトの表示内容に関する解説は、『内経気象学入門』緑書房発行にすべて記載されています。有効に活用するために是非ご一読ください。

■製品版は現在未公開です。

■設定について
(1)このソフトウェアは画面の色を6万色以上にしてください。【必須】
(2)フォントは「小さいフォント」に設定してください。【必須】

■「内経気象学リアルタイム」とは?

現在、異常気象が頻繁に出現し、気象気候推移への関心が高まっています。『黄帝内経』の『素問』『霊枢』は古代の中国伝統医学の典籍ですが、同時に多くの部分で気象医学について詳しく書かれています。その内容は現代生気象学の内容と非常に近い高度な気象医学大系をもっています。
このプログラムは、内経成立当時の暦法に基づく紀年紀月紀日法や、五運六気による気候予測、月の朔望、虚風実風、などをリアルタイムに表示し、内経気象医学の運用の一助とするものです。 特に、五運六気に関しては、計算が煩雑であり、コンピューターによる表示が最も適していると考えられます。 また、「内経気象概況」「生物季節」「内経気象鑑別」で現在の気象気候状況の掌握を助け、現代に、内経気象医学の活用ができるように、工夫をしました。本プログラムが、内経気象医学の活用に役立ち、実際の臨床において役立っていただくことができれば幸いです。
毎日、実際の気象気候変化を観察しながら本ソフトを活用してください。『内経気象学入門』と一緒に活用することで中国伝統医学の気象医学の運用方法が自然と学習できると思います。

■このファイルは自由に配布、転載していただいて結構です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です