「バインダー」でファイル・写真の整理

ファイル・写真にキーワード・説明文・カラーコードを付けて自動整理

  • ソフト名 :「バインダー」でファイル・写真の整理
  • バージョン :4.1.71
  • ライセンス :サンプル版
  • OS :Windows
  • 開発 :たかしくん

今すぐダウンロード

「バインダー」でファイル・写真の整理詳細

今、画期的なドキュメント・写真整理術が生まれました。これからの時代の必需品です。それが、ドキュメント・フュージョン(DF)の「バインダーでファイルの整理」です。「あの大事な文書どこに保存した」「あの貴重な写真が見つからない」という経験者は多いです。几帳面にファイル整理をしていても、数ヶ月後に は整 理する仕方がずれてきてしまうのです。これらの問題の原因は、たくさんの保存フォルダがWindows内で分散し、そして埋没してしまうことです。普 通のWindowsでは、それらの分散した、埋没したフォルダ階層を一元的に表示することはできません。ある調査によると企業や組織内で情報探しのために見えない多額なコストをロスしています。この製品は今まで未解決のこれらの問題を解決するために開発されました。DFはそれらのバラバラの階層に分散したフォルダをあたかも一箇所に まとまって存在しているように表示することから始まります。直感的に使用可能な「キャビネット」や「バインダー」といった企業内で通常使用さ れて いる文書格納方法がコンピューター上で実現されています。その上、個々の「バインダー」は保存されるファイルや写真にファイル名を自動付加、格納す るサブフォルダの指定、キーワード、カラーコードも自動付加するなどを制御する知能を持っているのです。この機能は、写真などのイメージファイルを保存する時にも威力を発揮します。デジカメで撮影した写真をPCに保存する際、従来は日付と通し番 号だけ で保存されます。DFで写真を整理すると、意味のある写真名、必要なキーワード、カラーコード、そして説明文を自動的に付加することが可能にな ります。これらの機能が普通のPCネットワークだけでなく、クラウドにも拡張できます。DropBox、GoogleDrive、 OneDrive にも直接「DFバインダー」を定義し、必要なファイル・写真を複数人で有意義に共有する環境を構築できます。また、DFが提供しているマルチ検 索機能で、探しているファイル・写真が下部階層を含めて一目瞭然に表示できます。従来のようにいちいち下部フォルダをクリックしながら表示す る 必要はなく時間短縮になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です