Windows Live メール

Microsoft製の無料メールクライアント 初心者にも使いやすさと機能を両立

  • ソフト名 : Windows Live メール
  • 最新バージョン :2012
  • ライセンス :無料
  • 言語 :日本語
  • OS : Windows 10/8/7/XP
  • 開発者/メーカー : Microsoft

Windows Live メール 2012 スイートのサポートは 2017 年 1 月 10 日に終了しました。今後ダウンロードすることはできません。

Windows Live メール詳細 :

Windows Live メール(ウィンドウズ ライブ メール)は、マイクロソフト(Microsoft)が提供する簡単・便利・無料のメールクライアントです。Vista以降のWindowsでは、同社のメールソフトOutlook Expressの後継メールソフトとして使われており、初心者にもやさしいインターフェースと機能を備えています。Windows Liveメールは、同社が提供するWindows用のフリーウェアが複数集められているWindows Essentialsに含まれています。

Microsoft Essentialsはこちら

複数の電子メールアカウントを一括管理できる
Windows Liveメールの大きな特徴は、複数のメールアカウントを一括管理できる点です。
Windows Liveメール以外にも、プロバイダや会社のメール、GmailやYahoo!メールなどウェブで使用するタイプのフリーメールサービスのアカウントも追加できます。メールは各メールアカウント毎の受信トレイに整理される構造です。
Outlook Expressで使っていたメッセージやアドレス帳、メールアカウントなどはインポートする機能がありますので、これまでOutlook Expressを使ってきた人は難なく乗り換えができるでしょう。


メールアカウント追加の際の注意点

アカウントの追加は、Windows Liveメール上で、使用しているメールサービスのアカウントとパスワードでにログインするだけとカンタンです。この際に注意いただきたいのは、Gmailなどでは、不正なログインがブロックされることがある、という点です。追加できなかった場合は、そのアカウントにログインし、お知らせが届いていないかどうかを確認し、設定を変更すると登録が行えます。Windows Liveメールにメールアカウントを複数登録した場合、各メールアカウント専用の受信トレイが表示されます。

オフラインでもメールの作成・管理が可能
Windows Liveメールでは、オフラインでも過去のメールを読めるほか、メール作成・管理ができます。再度オンラインになった際に作成したメールが送信されるので、無駄なく作業を進められます。

同じ件名のメッセージが自動的にグループ化される
受信したメッセージは、同じ件名のものが自動的にグループ化されるので、過去のやり取りを探す手間がかかりません。逆に、日付順にズラーッとメールを並べたい時は、「表示」→「スレッド」→「オフ」の順にクリックすればOKです。

Windows Live メールは、Outlook Expressから受け継ぐ使いやすさや簡単さをさらに高めた機能的な電子メールクライアントです。インターフェースにスタイリッシュ感が欠けるのはやや残念ですが、複数のメールアドレスを一度に管理したい人にとっては便利だと言えるでしょう。


4 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*