CyberLink PowerDVD

DVDビデオをPC上で高画質・高音質で再生できるDVD再生ソフト

  • ソフト名 : CyberLink PowerDVD
  • 最新バージョン : 17.0 Build 2101
  • ライセンス : 試用版
  • 言語 :日本語
  • OS : Windows 10/7/XP
  • 開発者/メーカー : CyberLink Corp.

今すぐダウンロード

CyberLink PowerDVD詳細 :

PowerDVDは、DVDビデオをPC上で高画質・高音質で再生できるDVD再生ソフトです。DVDを高品質で再生可能な独自コーデックを搭載し、ブルーレイやブルーレイ 3DからYouTubeの動画ファイルまで再生することができます。ソーシャルメディアとの連携も強化され、YouTubeの動画をPowerDVD画面上で直接再生したり、Facebookに投稿されている写真を閲覧することも可能です。また、映像と音声の臨場感を向上させる独自機能により、高画質な映像を楽しむことができます。PCでDVDを楽しむのにピッタリのソフトウェアと言ってもいいでしょう。

PowerDVDのインターフェースは、映像が表示されるメイン画面を中心に、ボタンが一列に並んだ操作パネルで構成されています。まずは、再生させたいDVDをPCにセットしましょう。PowerDVDが自動的に立ち上がり、再生がスタートします。YouTubeの動画を楽しむには「動画」タブをクリックして「YouTube」を選びます。素早い表示で、快適に再生を楽しむことができます。再生画面は、一時停止、早送り・巻戻り、チャプター送り・戻しなどの基本操作を考えてボタンが配置されており、直感的に操作できるでしょう。なお、基本操作は右クリックメニューやキーボードショートカットでも実行できます。

PowerDVDのもう一つの特徴は、画質と音質にあります。「TrueTheather」と呼ばれる独自の機能により、奥行き感のある映像と広がり感のある音声を楽しむことができます。最新の技術で撮影されたDVDはもちろんですが、古い映画が収録されたDVDでもそのメリットを享受できるのはありがたいところです。

ただ、PowerDVDは高品質にこだわった一方で、インストールするPCのハードウェア条件もそれなりに高いことは留意すべき点です。特に、CPUの速度が推奨値よりも低いと、DVDの再生品質が低下してしまいます。ハードウェアのことが良く分からない場合は、30日間の試用期間を利用してテストしてみることをお勧めします。

PowerDVDは、高いクオリティの映像・音声を楽しめる、DVD再生ソフトです。

CyberLink PowerDVD は以下の形式に対応しています

[ディスク形式]

BD-R 1.1/BD-RE 2.1、 BD-R 2.0/BD-RE 3.0、 BDROM 2.2、 BD-J、 BDROM Profile 1.1 (Bonus View)、 BDROM Profile 2.0 (BD-Live)、 BDROM Profile 5.0 (BD 3D)、 AVCREC、 AVCHD、 DVD-Video、 DVD-VR、 DVD+VR、 VCPS、 VCD、 SVCD、 CD

[動画ファイル]

DAT、 MPEG-1、MPEG-2、 MPEG-4 AVC (H.264)、 MPEG2 Transport Stream (M2TS)、 IFO Playback、 VOB、 TiVo、 CyberLink RichVideo、 External Subtitle、 WMV-HD、 AVI、 WMV/ASF、 VC-1、 WTV、 MOV、 MKV (H.264)、 FLV (H.264)

[画像ファイル]

JPG、 BMP、 TIFF、 RAW (CRW、CR2、NEF、RAF、ORF、KDC、DCR、PTX、PEF、PTF、MRW、DNG、ARW、SRF、SR2、XRF、ERF、RWL、RAW、RW2、MEF)、 PNG、 MPO、 JPS

[音楽ファイル]

MP3、 WMA、 AMR、 AOB


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*